焼酎を楽しむ

焼酎を楽しむ

アイデアを活用して考える焼酎のつまみ

焼酎に合うつまみには、豊かなコクがありながらも、後味を爽やかにする必要があります。切れ味のある喉越しに対抗するために、ポン酢などで酸味を効かせることも有効です。カツオのたたきを作るときには、ニンニクなどの香辛料を効かせれば、五感を刺激するような美味しさを醸し出すことができます。
定番の枝豆は蒸し料理にすることで、焼酎の旨味をさらに開花させることができます。枝豆をすり潰して、エビと一緒に練ってから蒸せば、つまみとしても最適な逸品になります。タンパクな味わいのエビにコクのある枝豆を混ぜれば、焼酎の強い味にも負けることがなく、風味の調和が絶妙になります。
豆腐を使った料理を作れば、お腹に優しい料理になりますが、焼酎との相性も抜群になります。夏にはショウガを効かせて冷奴にすれば、清涼感のある風味が素晴らしくなります。冬の時期には濃厚な豆腐を温めて、もみじおろしを添えて盛り付ければ、辛味と甘味のバランスが絶妙なつまみが完成します。

焼酎に最適なつまみについて

お酒は様々な種類があり、その種類に追ってアルコール度数や味・品質も大きく異なります。その中でも日本で昔より多くの方が好んできたお酒の一つに焼酎が存在します。焼酎はアルコール度数が高い物が多く、お湯割りや水割りで飲まれる方が多いです。しかしお酒を飲むときに多くの方はつまみも一緒に食べるという方が多いです。
そのため焼酎に合うつまみを知っておく必要があります。つまみにも様々な種類があり、欧米文化の普及に伴い養殖のつまみも多く存在しているため、何を選択すればよいかわからないという事態にもなりかねません。おすすめとしてはさきいかやするめなどの乾物系が挙げられます。乾物系は水分が少ない分、 味がよく締まっています。またボリュームも少ないため、それによりお腹が膨れてしまうということも少ないことからお酒を飲む上での妨げにもなりません。そしてお酒を飲むと味の感覚が鈍くなるという方もいますが、濃い味のため、しっかりと味わうことが出来ることからもおすすめと言えます。

recommend

最終更新日:2018/12/6