焼酎を楽しむ

焼酎を楽しむ

産地ごとに変わる焼酎の特徴

焼酎は日本国内で生まれた日本固有の酒であり、定義としては発芽した穀類を使用しないこと、白樺の炭などでろ過をしないこと、蒸留時に許可されていないもの以外を添加しないことなどがあります。 また蒸留方式に応じてアルコール度数の規定もありますので、一般的に思われているよりも条件は厳しく設定されているのです。
さて、このお酒に対しては酒飲みが酔うために飲むもの、年寄り臭いなどのイメージを持たれていることが多いのですが、実は焼酎もワイン等と同様にかなり奥が深い存在であると言えます。 特に面白いのが産地によってあらわれる特徴で、例えば鹿児島県など名産地とする芋焼酎は濃厚な味わいを持っており、独特の臭みがあるお酒とされています。
しかし同じ九州地方でも熊本県になると芋ではなく米が原料として好まれており、こちらは日本酒に近いフルーティーな香りと味わいが持ち味となっており、初心者でもスムーズに受け入れやすい入門者向けとされているのです。 また宮崎県発祥のものは蕎麦を原料としていたり、沖縄では黒糖を原料とした黒糖焼酎が人気を集めています。
それぞれの産地によって異なる味わいを楽しめるのはワインと同じことなのです。 一つだけ飲んで自分は飲めないと諦めるのではなく、自分が苦手なのはどの産地のものなのか、どこのものであれば飲めそうなのかを考えて新しい味を探すのも醍醐味と言えるでしょう。

焼酎に産地が指定された

焼酎の産地には北海道、中部地方では長野県・愛知県、近畿地方では三重県・京都府・兵庫県、中国・四国地方では広島県、そして九州地方では福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県の各地があります。
その起源と言われているものではシャム(現在のタイ)から琉球経由で入ってきたとされています。国内での製造は16世紀ころから造られてきたと文献で記録があります。使われている原料がいろいろとあり、米、麦、芋、黒糖、そば、くりなどがあります。原料の産地によりそれぞれを使って造られてきました。沖縄県特産の泡盛は米を原料としていて製法は一般的な焼酎とは違うのですが、税法上は焼酎となっています。 地理的な表示がついているものはその定められた、例えば琉球泡盛は沖縄県の製造・販売、壱岐は長崎県壱岐の製造・販売、薩摩は鹿児島県の製造・販売、球磨は熊本県の製造・販売された焼酎となっています。この産地名がついたものはワインの「ボルドー」とかウイスキーの「スコッチ」と並ぶようなものです。

Valuable information

屋根リフォーム 千葉

2019/12/20 更新