焼酎を楽しむ

焼酎を楽しむ

初心者におすすめの本格焼酎

芋や麦をはじめとする本格焼酎は銘柄の数がたくさんあって、初心者にはなかなかどれを選んでいいかわかりませんよね。 今日は初心者のかたにおすすめの選び方を紹介します。
初心者の方は香りがキツイ、という理由で敬遠される方が多いですよね。では香りのきつくないものをどうやって選べばいいのでしょうか。 注目するのは使用されている麹の種類です。ほとんどの本格焼酎は白麹と黒麹。そのほかに黄麹、芋麹などがあります。
初心者の方におすすめなのは黄麹で作られたものです。黄麹は元来日本酒を造るのに使用されていたのですが、焼酎の主な生産地である九州のような南の暑い気候に合うものではありませんでした。近年になって焼酎にも使われるようになっているのですが、まるでフルーツのような吟醸香を楽しむことができます。逆に芋麹使用のものは、芋の香りをじっくり楽しみたいという人向けで、同じ芋を使ったものでもタイプは全然違いますね。ほかにも黒麹使用、白麹使用の2種類出している銘柄も数多くあります。麹に注目して飲んでみるのも新しい発見があって楽しいものですよ。

焼酎お湯割り おすすめの入れ方

水割り、お湯割り、ロック、ストレートなど焼酎の好きな飲み方はその人によって分かれると思います。お湯割りファンには寒い冬にお湯割りで香りと風味を楽しむ方、真夏でも絶対お湯割りという方などいらっしゃいますが、居酒屋さんなど焼酎お湯割りを注文すると、沸騰したような熱湯をお湯割りに使うお店が多いように感じます。 お湯割りに熱湯を使うのは基本的にNG。せっかくの焼酎の香りが飛んでとげとげしい味わいになってしまいます。
お好みは人それぞれではありますが、おすすめは65度・75度程度のお湯で割るというものです。 もう一つのおすすめポイントは入れる順番。グラスに先にお湯を入れて、次に焼酎を注ぐという順番がおすすめです。こちらもより香りを楽しむことができます。
ちょっとしたコツでだいぶ香りや飲み口が変わってきますから非常に面白いお酒だと思います。是非皆さんも色々試してあなたのベストのお湯割りの入れ方を見つけてみましょう。

Favorite



Last update:2020/3/4